fc2ブログ
♪ななつぼし☆World~楽しく、いっぱい遊びまひょ!♪ 
 created by ななつぼし☆

インフォメーション①

ご訪問ありがとうございます
ごゆっくり楽しんでください♪難しい話は嫌いです(笑)


最近、悪質なTB&コメントが増えてきましたので、承認制にさせていただきます。また、要旨に合わない内容についてはこちらで削除する場合があります。
悪しからず。。。

インフォメーション②

CTRLキーを押しながら、マウスのホイールを回す(後or前)と文字や表示が大きくなります。

写真をクリックすると拡大します( ↑ 知ってるって!(笑))

プロフィール

ななつぼし☆

Author:ななつぼし☆

いつの日も どんな時でも みんな仲良く こころの旅を続けていけるような 人生の旅人でありたい と おいらは思うのよん

棲家は高槻です

マイプロフィール

呑みすぎるとこうなるん
呑みすぎるとこうなるん
ビール笑

Amore、Cantare、Mangiare !(アモーレ・カンターレ・マンジャーレ!)いい恋をして 楽しく歌って 美味しいものを食べりゃ~ 人生言うことなし!明るく陽気にいきましょう!!

人生に どう感動しようかと 楽しんでいる最中です。。。

ブログ内検索

Baden谷九

同窓会レポ

トリップアドバイザー

トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。

カレンダー(月別)

02 ≪│2010/03│≫ 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Present time

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事+コメント

Notice!

お店の味に関する感想は、あくまでも個人的な嗜好によるものです。
ご理解いただきますよう、お願い申し上げます。

※お店の情報につきましては、変更(料理・値段・お店の有無)されている場合がありますので、お出かけの際は事前にご確認くださいませ。

月別アーカイブ

リンク

Lc.ツリーリンク

最近のトラックバック

今日はどんな日?

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

QRコード

QR

ケイタイからもどうぞ!

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログ

http://blog.fc2.com/

C-PREVIEW

Powered by FCafe

RSSリンクの表示

四季の花時計

 

     
  ♪ななつぼし☆World~楽しく、いっぱい遊びまひょ!♪
趣味の◆お笑い◆落語会◆アート◆Zゲージ◆グルメ・飲み歩き~散策(高槻・茨木など)◆料理◆街ゆけば(北摂・大阪・京都など)◆人間ウォッチング◆音楽◆オーディオ◆ファッション◆などを明るく、楽しく、おしゃべりするサイトざんす!!・・・まぁ 自分史です。。。
 
     


桂 吉弥さん~(第74回)春日寄席  【2010/03/12】 上方落語会 桂 吉弥

『茨木春日落語会』【○○さんのお宅】 3/6(土)第一部 14:30~ 
  
演目 
桂 弥生   「狸賽(たぬさい)」
桂 吉弥   「厄払い」

ー 中入り ー

桂 吉弥   「ねずみ」


今回はTOTOさんと行って参りました。
前回が11月で次は3月と言われたときは長いなぁ~と思ったのに、はや3月では。
歳を取ったのかなー(笑)

39歳の若さでお二人の弟子を持たれたんですね、吉弥さん。
弥太郎さんと弥生さん。その弥生さん(女性)、今回が2回目の講座(高座)らしい。
お幾つなんだろう?かなりお若いことは間違いないよな。。。

初々しいという言葉がピッタリですね。
わたしは落語家ではないですが(当たり前)、前々から一席覚えたかったのでなんか自分に置き換えて聴いてしまった。
2回目でこのようにスラスラと話せるだろうか?
うん、今年は一席覚えようかな、、、酔っ払いネタやな(笑)


バンクーバーオリンピックのカーリングやフィギュアの話。
時差があって日本では昼に放映。「昼にやるのに、なんでバンクーバーやねん」
と軽いマクラで「厄払い」へ。

「厄払い」は初聴きになります。季節ネタで旧暦だと大晦日ですね。
厄払いを急にやることになったアンポンタンのお噺。
このアンポンタンがいないと落語にならないもんね。
落語にかかるとかわいく見えるから、あら不思議(笑)

門付けで縁起のいい七五調の祝詞を並べるんですね。
「あーらめでたいな めでたいな めでたいことで払おなら・・・・・」
サゲは「布団振り回してどうする?」「へい、夜具払いましょ~」

      ー 中入り ー

小郡での落語会は往復8時間かかる。演るのは30分。
ここの寄席は往復1時間。6本話すから3時間半。
「どっちがええやろ?」(大笑)

哀しい境遇となった父親と甚五郎の会話。
人情話の場面はしみじみとしてええですねぇ~

吉弥さんはどちらかというと、「立ち切れ線香」などの人情話の方が好きやな~

田舎弁のヤカラの会話はほのぼの感たっぷりでした。
虎とねずみ。「あれ虎ですか?あたい猫かと思いましたわ」というサゲ。
おもしろいですね~


関連記事
スポンサーサイト



| TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

テーマ:落語 - ジャンル:お笑い