FC2ブログ
♪ななつぼし☆World~楽しく、いっぱい遊びまひょ!♪ 
 created by ななつぼし☆

インフォメーション①

ご訪問ありがとうございます
ごゆっくり楽しんでください♪難しい話は嫌いです(笑)


最近、悪質なTB&コメントが増えてきましたので、承認制にさせていただきます。また、要旨に合わない内容についてはこちらで削除する場合があります。
悪しからず。。。

インフォメーション②

CTRLキーを押しながら、マウスのホイールを回す(後or前)と文字や表示が大きくなります。

写真をクリックすると拡大します( ↑ 知ってるって!(笑))

プロフィール

ななつぼし☆

Author:ななつぼし☆

いつの日も どんな時でも みんな仲良く こころの旅を続けていけるような 人生の旅人でありたい と おいらは思うのよん

棲家は高槻です

マイプロフィール

呑みすぎるとこうなるん
呑みすぎるとこうなるん
ビール笑

Amore、Cantare、Mangiare !(アモーレ・カンターレ・マンジャーレ!)いい恋をして 楽しく歌って 美味しいものを食べりゃ~ 人生言うことなし!明るく陽気にいきましょう!!

人生に どう感動しようかと 楽しんでいる最中です。。。

ブログ内検索

Baden谷九

同窓会レポ

トリップアドバイザー

トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。

カレンダー(月別)

03 ≪│2021/04│≫ 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Present time

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事+コメント

Notice!

お店の味に関する感想は、あくまでも個人的な嗜好によるものです。
ご理解いただきますよう、お願い申し上げます。

※お店の情報につきましては、変更(料理・値段・お店の有無)されている場合がありますので、お出かけの際は事前にご確認くださいませ。

月別アーカイブ

リンク

Lc.ツリーリンク

最近のトラックバック

今日はどんな日?

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

QRコード

QR

ケイタイからもどうぞ!

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログ

http://blog.fc2.com/

C-PREVIEW

RSSリンクの表示

四季の花時計

 

     
  ♪ななつぼし☆World~楽しく、いっぱい遊びまひょ!♪
趣味の◆お笑い◆落語会◆アート◆Zゲージ◆グルメ・飲み歩き~散策(高槻・茨木など)◆料理◆街ゆけば(北摂・大阪・京都など)◆人間ウォッチング◆音楽◆オーディオ◆ファッション◆などを明るく、楽しく、おしゃべりするサイトざんす!!・・・まぁ 自分史です。。。
 
     


トゥールーズ=ロートレック ②  【2007/11/05】 アート・イベント 芸術展


「もっと彼の作品をしっかり観たい」と言ったのは、実は家内だったんです。
わたしは2回目、彼女は初めてでただ「きれい」とか「線のタッチが素晴らしい」とか「色使いが素敵」としか映らなかったようで、ロートレックの生き様をもっと知りたいと図書館で何冊も借りて読んでの2回目となりました。



どんな人生を送ったのかを知ってから鑑賞すると、絵画を見るのがもっと楽しくなりますもんね。すると、じっくりいろんな部分に目やこころがいき楽しむことができるでしょうから。



わざと見にくい部分を動物に似せデフォルメしている絵の何と多いことか。人間を皮肉ってるのかなぁ。

死を間近に描いた人物画は、絵に深みはあるけれど色彩が暗く重く表情も乏しい。

400点近くと数えられている、そのほとんどの作品が制作されたのは28~35歳までの7年間、1年で≒57点、ひと月で≒4.5点。
語りたいものたくさん持っている画家は、語りかける対象をたくさん持っていたのでしょうね。
リトグラフにはでかいのたくさんあるのに・・・遺作は約1,000点。
このようなことが本に書いてありました。
『絵を斜めに分断するラインが描かれているものが多い。浮世絵:歌川広重~名所江戸百景の構図を模倣しているようだ』
なるほど、斜めに分断するラインの作品が多いことに気づきました。



シュザンヌ・ヴァラドンはロートレックとの結婚を望んでいたんですね。

自殺をするふりまでのお芝居が、却って彼の失望を買っちゃったんだろうか・・・
だから人気絶頂で、はやされた踊り子ではなくて、いかがわしい娼婦に目が向いていったのだろうか・・・
自分の稀な身体の病気が、生まれてくる子どもに遺伝することを恐れたのだろうか・・・
ならば、子どもを作らなければいいのになぜ・・・

「その時代を共有して、彼に聞いてみたいなぁ」、「現代に生きていたら、どんな人生を送ってどんな絵を描いてたのかな」とは彼女




サントリーミュージアム裏手の海が見える開放スペースで絵を描くひとたち
関連記事
スポンサーサイト





| TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://7boshi.blog83.fc2.com/tb.php/207-ef5d2c85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)