♪ななつぼし☆World~楽しく、いっぱい遊びまひょ!♪ 
 created by ななつぼし☆

インフォメーション①

ご訪問ありがとうございます
ごゆっくり楽しんでください♪難しい話は嫌いです(笑)


最近、悪質なTB&コメントが増えてきましたので、承認制にさせていただきます。また、要旨に合わない内容についてはこちらで削除する場合があります。
悪しからず。。。

インフォメーション②

CTRLキーを押しながら、マウスのホイールを回す(後or前)と文字や表示が大きくなります。

写真をクリックすると拡大します( ↑ 知ってるって!(笑))

プロフィール

ななつぼし☆

Author:ななつぼし☆

いつの日も どんな時でも みんな仲良く こころの旅を続けていけるような 人生の旅人でありたい と おいらは思うのよん

棲家は高槻です

マイプロフィール

呑みすぎるとこうなるん
呑みすぎるとこうなるん
ビール笑

Amore、Cantare、Mangiare !(アモーレ・カンターレ・マンジャーレ!)いい恋をして 楽しく歌って 美味しいものを食べりゃ~ 人生言うことなし!明るく陽気にいきましょう!!

人生に どう感動しようかと 楽しんでいる最中です。。。

ブログ内検索

Baden谷九

同窓会レポ

トリップアドバイザー

トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Present time

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事+コメント

Notice!

お店の味に関する感想は、あくまでも個人的な嗜好によるものです。
ご理解いただきますよう、お願い申し上げます。

※お店の情報につきましては、変更(料理・値段・お店の有無)されている場合がありますので、お出かけの際は事前にご確認くださいませ。

月別アーカイブ

リンク

Lc.ツリーリンク

最近のトラックバック

今日はどんな日?

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

QRコード

QR

ケイタイからもどうぞ!

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログ

http://blog.fc2.com/

C-PREVIEW

RSSリンクの表示

四季の花時計

 

     
  ♪ななつぼし☆World~楽しく、いっぱい遊びまひょ!♪
趣味の◆お笑い◆落語会◆アート◆Zゲージ◆グルメ・飲み歩き~散策(高槻・茨木など)◆料理◆街ゆけば(北摂・大阪・京都など)◆人間ウォッチング◆音楽◆オーディオ◆ファッション◆などを明るく、楽しく、おしゃべりするサイトざんす!!・・・まぁ 自分史です。。。
 
     


スポンサーサイト  【--/--/--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


宮川町で遭遇した本物の芸妓さん~八坂の塔~石塀小路~そして、「さくら」さんへ  【2012/11/02】 街ゆけば 京都




京都六花街の一つである宮川町。ここの花街は静かで好きです。
(六花街~上七軒・祇園甲部・祇園東・嶋原・先斗町・宮川町)
現在も40数件のお茶屋が軒を並べているそうです。

出雲の阿国の歌舞伎踊りをきっかけに四条河原に芝居小屋が起き、
役者が多く住むようになり、
その芝居を観覧する客のために、やがてお茶屋ができたんだって。


♪金比羅ふねふね 追手に帆かけて しゅらしゅしゅしゅ・・・♪って、
遊んでみたいなぁ~(*^。^*)



おっと~、本物の芸妓さんですね。
白塗りのお化粧は、額の生え際に向かってきれいなぼかしになっていますよ!

本物かどうかは、立ち居振る舞いで分かるといいますが、
けっこう、ちゃっちゃかちゃっちゃか歩いてましたけど(笑)

ここには、小ぶりな歌舞伎座となる宮川町歌舞練場もあります。

タクシーのお迎えですね・・・・・どこの旦那が・・・ええな~(笑)

どこからか、三味線が聞こえてきます・・・お稽古ですね。
情緒あふれる花街。ほっこりしますなぁ~


建仁寺から八坂通りを歩くと、見えてきましたね~八坂の塔が♪


相方よ、リラックスしんしゃい!(笑)


見上げる八坂の塔もいいですが、見下ろすのも、また格別です!!




京都は坂が少ないと言われますが、
この辺りは東山のふもとですから坂が多くて風情があります。

タモリさんも言われていますが、
「坂には趣きがある(傾斜ファンらしい(笑))」と。

だれや!こんなところで「京生麩の笹麩饅頭(200円)」を
立ち食いしてるヤツは!(笑)

貰ったけど、モチッ~として美味しかった(笑)


そして、ねねの道に出てきました。
これまでの坂とは打って変わって平坦な石畳の道。

正式名称は高台寺道。
高台寺と圓徳院が秀吉の正妻北政所“ねね”ゆかりの寺から、
ねねの道と呼ばれたんですね。

人気のある道ですので、人力車がたくさん行き交ってます。

「むかしに戻って、お二人で乗ってみませんか?」

???・・・・・どういう意味?! いえいえ(笑)






その、ねねの道を少し歩いていくと、西へ入る路地があります。
そこが石塀小路(いしべこうじ)ですね。
でも名前の由来のように石塀ばかりではないかな。

小路の石畳は、京都市電の軌道に敷設されていた石が使われているようです。
小料理屋や旅館が建ち並び、人が少ないのと相まってなんとも情緒深い。

しかし、この路地は人通りが少ないなぁ~
ねねの道から入るのに見過ごしちゃうかもしんない。
それくらい分かりづらいのよ。

現代の大通り(歴史的地図跡があれば、別ですが)では、
この小路のように建物を間近で見られませんよね。
それを過去の歴史として残しているのが古都の魅力だと。。。
想いませんか。。。

道を歩き、街並みを眺め、その土地の文化に触れる。
特に、大正ロマンの香り&歴史の重みを感じる風情が
しっかり残る「石塀小路」に迷い込んでくださいな。。。

では、京料理屋『さくら』さんへまいりましょう。
関連記事
スポンサーサイト


| TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://7boshi.blog83.fc2.com/tb.php/2217-bfa27f44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。