♪ななつぼし☆World~楽しく、いっぱい遊びまひょ!♪ 
 created by ななつぼし☆

インフォメーション①

ご訪問ありがとうございます
ごゆっくり楽しんでください♪難しい話は嫌いです(笑)


最近、悪質なTB&コメントが増えてきましたので、承認制にさせていただきます。また、要旨に合わない内容についてはこちらで削除する場合があります。
悪しからず。。。

インフォメーション②

CTRLキーを押しながら、マウスのホイールを回す(後or前)と文字や表示が大きくなります。

写真をクリックすると拡大します( ↑ 知ってるって!(笑))

プロフィール

ななつぼし☆

Author:ななつぼし☆

いつの日も どんな時でも みんな仲良く こころの旅を続けていけるような 人生の旅人でありたい と おいらは思うのよん

棲家は高槻です

マイプロフィール

呑みすぎるとこうなるん
呑みすぎるとこうなるん
ビール笑

Amore、Cantare、Mangiare !(アモーレ・カンターレ・マンジャーレ!)いい恋をして 楽しく歌って 美味しいものを食べりゃ~ 人生言うことなし!明るく陽気にいきましょう!!

人生に どう感動しようかと 楽しんでいる最中です。。。

ブログ内検索

Baden谷九

同窓会レポ

トリップアドバイザー

トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Present time

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事+コメント

Notice!

お店の味に関する感想は、あくまでも個人的な嗜好によるものです。
ご理解いただきますよう、お願い申し上げます。

※お店の情報につきましては、変更(料理・値段・お店の有無)されている場合がありますので、お出かけの際は事前にご確認くださいませ。

月別アーカイブ

リンク

Lc.ツリーリンク

最近のトラックバック

今日はどんな日?

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

QRコード

QR

ケイタイからもどうぞ!

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログ

http://blog.fc2.com/

C-PREVIEW

RSSリンクの表示

四季の花時計

 

     
  ♪ななつぼし☆World~楽しく、いっぱい遊びまひょ!♪
趣味の◆お笑い◆落語会◆アート◆Zゲージ◆グルメ・飲み歩き~散策(高槻・茨木など)◆料理◆街ゆけば(北摂・大阪・京都など)◆人間ウォッチング◆音楽◆オーディオ◆ファッション◆などを明るく、楽しく、おしゃべりするサイトざんす!!・・・まぁ 自分史です。。。
 
     


スポンサーサイト  【--/--/--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013年『京都府庁旧本館 春の一般公開(観桜会)』~中庭で綺麗に咲き誇ってます\(^-^)//  【2013/04/01】 街ゆけば 京都











『京都府庁旧本館 春の一般公開(観桜会)』へ行って参りました。


会 場:京都府庁旧本館

日 時:2013/3/20(水・祝)~4/7(日) 10:00~17:00
    
住 所:京都市上京区下立売通新町西入京都府庁内


京都府庁旧本館は、現役の官公庁建築物としては日本最古です。
ルネサンス様式の建築物ですね。

1904年(明治37)に竣工され、現在は国の重要文化財でありながら、
執務室や会議室として使用されているようです。

春のこの時期に、中庭を見下ろす廊下の窓からガラス越しに見る
中庭中央の枝垂れ桜が有名ですね。

ガラスが歪んでるのかと思いきや、経年による風雪などで
不均一な厚みの窓になったそうです。

この中央にひときわ艶やかな姿を映すのが、円山公園の
初代「祇園枝垂れ桜」の孫にあたる実生木の枝垂れ桜。

みなさん思い思いの角度から、
思い思いの気持で桜を愛でておられました。

容保桜・大島桜・紅一重枝垂桜・紅八重枝垂桜など満開でしたよ!

四方に囲まれた中庭に咲く桜もいいものですね。
なんていうんでしょうか、桜と建物が融合する景観も
すばらしいものですね。

今年はNHK大河ドラマ「八重の桜」の放映にあわせて、
新島八重をはじめ、激動の時代を懸命に駆け抜けた人々の姿が
紹介されてました。

この『京都府庁旧本館 春の一般公開(観桜会)』は
「ここだけの京都の春」と呼ばれたりします。

なるほどね~、分かるような気がします。

関連記事
スポンサーサイト


| TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://7boshi.blog83.fc2.com/tb.php/2376-760d6f98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。