FC2ブログ
♪ななつぼし☆World~楽しく、いっぱい遊びまひょ!♪ 
 created by ななつぼし☆

インフォメーション①

ご訪問ありがとうございます
ごゆっくり楽しんでください♪難しい話は嫌いです(笑)


最近、悪質なTB&コメントが増えてきましたので、承認制にさせていただきます。また、要旨に合わない内容についてはこちらで削除する場合があります。
悪しからず。。。

インフォメーション②

CTRLキーを押しながら、マウスのホイールを回す(後or前)と文字や表示が大きくなります。

写真をクリックすると拡大します( ↑ 知ってるって!(笑))

プロフィール

ななつぼし☆

Author:ななつぼし☆

いつの日も どんな時でも みんな仲良く こころの旅を続けていけるような 人生の旅人でありたい と おいらは思うのよん

棲家は高槻です

マイプロフィール

呑みすぎるとこうなるん
呑みすぎるとこうなるん
ビール笑

Amore、Cantare、Mangiare !(アモーレ・カンターレ・マンジャーレ!)いい恋をして 楽しく歌って 美味しいものを食べりゃ~ 人生言うことなし!明るく陽気にいきましょう!!

人生に どう感動しようかと 楽しんでいる最中です。。。

ブログ内検索

Baden谷九

同窓会レポ

トリップアドバイザー

トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。

カレンダー(月別)

03 ≪│2021/04│≫ 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Present time

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事+コメント

Notice!

お店の味に関する感想は、あくまでも個人的な嗜好によるものです。
ご理解いただきますよう、お願い申し上げます。

※お店の情報につきましては、変更(料理・値段・お店の有無)されている場合がありますので、お出かけの際は事前にご確認くださいませ。

月別アーカイブ

リンク

Lc.ツリーリンク

最近のトラックバック

今日はどんな日?

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

QRコード

QR

ケイタイからもどうぞ!

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログ

http://blog.fc2.com/

C-PREVIEW

RSSリンクの表示

四季の花時計

 

     
  ♪ななつぼし☆World~楽しく、いっぱい遊びまひょ!♪
趣味の◆お笑い◆落語会◆アート◆Zゲージ◆グルメ・飲み歩き~散策(高槻・茨木など)◆料理◆街ゆけば(北摂・大阪・京都など)◆人間ウォッチング◆音楽◆オーディオ◆ファッション◆などを明るく、楽しく、おしゃべりするサイトざんす!!・・・まぁ 自分史です。。。
 
     


憧れのヨーロッパ陶磁 in 京都国立博物館  【2008/02/24】 アート・イベント 芸術展


フランス17世紀のバロック様式のレンガ造りで、重要文化財に指定されている京都国立博物館の特別展示館(1895年:明治28年建造)へ、小雪が舞う寒~~い2/23(土)に妻と行ってきました。最近出かける度に雪が降るなぁー、なんでやろ?!(笑)

2008年は、日本がヨーロッパ各国と修好通商条約を締結して150周年記念として、『憧れのヨーロッパ~マイセン・セーブル・ミントンとの出会い(ようこそ優雅な時間旅行へ)』と題された特別展覧会が催されています。

日本人とヨーロッパ陶磁の出会いは、江戸時代初めまで遡るんですね。400年におよぶ両者の関わりをひも解きながら、ヨーロッパ各地の魅力的な陶磁の数々を見て回りました。



1. ヨーロッパ陶磁との出会い
2. 京都伝来の阿蘭陀焼
3. 19世紀後半(ヴィクトリア時代)イギリスのデザイナー、クリストファー・ドレッサーが日本へもたらした作品群
4. 欲しかったセーヴル焼
5. 20世紀初め ドイツのフリッツ・ホッホベルク伯爵様の贈り物/マイセン・ベルリン
6. ジャポニスムからアール・ヌーヴォーへ

圧巻はパンフの表紙右上や会場の看板に載る「瑠璃地金彩窓絵人物図双耳壺」。
明治時代の日本人が欲しかった『セーブル(フランス)焼き』。この一対の壺のために、69点もの日本の陶磁と交換したらしい。
京都人は“新しいもの好き、珍しいもの好き”とありました(笑)
この金と藍との組み合わせが美しく、艶やかで、重厚。すばらしい。。。
清水焼の瑠璃色は、セーブルを模倣したんだって、おもしろい。。。

ミントン(イギリス)の「青地色絵花卉文皿」も1875年の製作とは思えないほど優美で精巧な絵皿でした。



『猿のオーケストラ』とある「色絵楽奏猿像」は、日本を旅して京都をこよなく愛したフリッツ・ホッホベルク伯爵様から帰国後に贈られたものなんですよ。なんて繊細で色使いの綺麗なかわいい人形たちなんでしょう。

欧州の人たちがオリエント(東方の人たち)への憧れを抱き、数ある国境を越えて終点の東洋の神秘に満ちたイスタンブール(トルコ)までの、夢とロマンを乗せた“青きプリマドンナ”と呼ばれていた金色の装飾が施された濃紺の車体、アール・ヌーボー、アール・デコ様式でデザインされたノスタルジーを誘う車内、最高級フランス料理をフルコースで味わえる食事など、豪華絢爛な“走る貴婦人”の愛称を持つ『オリエント・エキスプレス』を思い出さずにはいられない。
関連記事
スポンサーサイト





| TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://7boshi.blog83.fc2.com/tb.php/269-f50c6705
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)