FC2ブログ
♪ななつぼし☆World~楽しく、いっぱい遊びまひょ!♪ 
 created by ななつぼし☆

インフォメーション①

ご訪問ありがとうございます
ごゆっくり楽しんでください♪難しい話は嫌いです(笑)


最近、悪質なTB&コメントが増えてきましたので、承認制にさせていただきます。また、要旨に合わない内容についてはこちらで削除する場合があります。
悪しからず。。。

インフォメーション②

CTRLキーを押しながら、マウスのホイールを回す(後or前)と文字や表示が大きくなります。

写真をクリックすると拡大します( ↑ 知ってるって!(笑))

プロフィール

ななつぼし☆

Author:ななつぼし☆

いつの日も どんな時でも みんな仲良く こころの旅を続けていけるような 人生の旅人でありたい と おいらは思うのよん

棲家は高槻です

マイプロフィール

呑みすぎるとこうなるん
呑みすぎるとこうなるん
ビール笑

Amore、Cantare、Mangiare !(アモーレ・カンターレ・マンジャーレ!)いい恋をして 楽しく歌って 美味しいものを食べりゃ~ 人生言うことなし!明るく陽気にいきましょう!!

人生に どう感動しようかと 楽しんでいる最中です。。。

ブログ内検索

Baden谷九

同窓会レポ

トリップアドバイザー

トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。

カレンダー(月別)

03 ≪│2021/04│≫ 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Present time

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事+コメント

Notice!

お店の味に関する感想は、あくまでも個人的な嗜好によるものです。
ご理解いただきますよう、お願い申し上げます。

※お店の情報につきましては、変更(料理・値段・お店の有無)されている場合がありますので、お出かけの際は事前にご確認くださいませ。

月別アーカイブ

リンク

Lc.ツリーリンク

最近のトラックバック

今日はどんな日?

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

QRコード

QR

ケイタイからもどうぞ!

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログ

http://blog.fc2.com/

C-PREVIEW

RSSリンクの表示

四季の花時計

 

     
  ♪ななつぼし☆World~楽しく、いっぱい遊びまひょ!♪
趣味の◆お笑い◆落語会◆アート◆Zゲージ◆グルメ・飲み歩き~散策(高槻・茨木など)◆料理◆街ゆけば(北摂・大阪・京都など)◆人間ウォッチング◆音楽◆オーディオ◆ファッション◆などを明るく、楽しく、おしゃべりするサイトざんす!!・・・まぁ 自分史です。。。
 
     


エドヴァルド・ムンク in 兵庫県立美術館  【2008/03/10】 アート・イベント 芸術展




母国ノルウェーでは1,000ノルウェー・クローネの紙幣に肖像画が描かれるほど国民的な画家として知られる エドヴァルド・ムンク(Edvard Munch/1863-1944)の展覧会に家内と行ってきた

初めて行く兵庫県立美術館は 阪神・淡路大震災後の「文化の復興」のシンボルとして作られただけあって がっちりとした美しい建物 安藤忠雄建築研究所の設計

パロディ化されるほど有名な『叫び』やお目当ての『マドンナ』(別名「受胎」と呼ばれているリトグラフではなく油彩の方)はないものの オスロ市立ムンク美術館が収蔵する108点にも及ぶ作品が来ている

『叫び』『不安』『絶望』のように暗いイメージをテーマにしているのは やはり生い立ちから・・・





5歳のときに母を結核で亡くし 医師であった父親は大きなショックを受け錯乱状態となる
1歳上の姉が15歳で同じく結核にかかって死亡する
26歳で確執のあった父親が死亡
3年後 神秘主義的で秘教的な世紀末思想に強い影響を受ける
翌年 『叫び』『接吻』『マドンナ』『生命のダンス』など 連作「生命のフリーズ」の制作にかかる
パリ留学(1895年)ではロートレックと出会い影響を受ける
度重なる家族の死により 家庭を持つことに対して不安を感じる
アルコール依存症に加え性病と闘い 80歳で孤独な生涯を閉じる



今回は「装飾画家」としてのムンクに焦点をあてた マックス・リンデ邸やチョコレート工場などの装飾にも観点が置かれていた

しかし「生命のフリーズ」の作品をアトリエで並び替え 一つのストーリーとして彼が捉えているのは興味深い 並び替えてなにを考える。。。。。

病弱な身体で愛、嫉妬、生、死、不安、悲哀をテーマにした若かりし頃の作品に目が向かない訳にはいかない

この時期の作品すべてに『叫び』が潜んでいると思うのは わたしだけであろうか

パンフレットに載る『不安』や『絶望』『叫び』(レプリカ)に見入ってしまう

音声ガイドを片手に見て回るのはいい どの部分があとで消されたとか どの部分に加筆があったのか 嫉妬はどこに? なるほど

音声ガイドを聴いているので 家内とは会話なし
見終わったあと 家内に気になった作品を聞くと わたしと同じであったことに驚く
キリスト磔刑の丘『ゴルゴタ』だ 自分はどの顔だろう?

こんなムンクもあります(アップまで多少時間が掛かるかも)
関連記事
スポンサーサイト





| TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://7boshi.blog83.fc2.com/tb.php/276-026e78fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)