FC2ブログ
♪ななつぼし☆World~楽しく、いっぱい遊びまひょ!♪ 
 created by ななつぼし☆

インフォメーション①

ご訪問ありがとうございます
ごゆっくり楽しんでください♪難しい話は嫌いです(笑)


最近、悪質なTB&コメントが増えてきましたので、承認制にさせていただきます。また、要旨に合わない内容についてはこちらで削除する場合があります。
悪しからず。。。

インフォメーション②

CTRLキーを押しながら、マウスのホイールを回す(後or前)と文字や表示が大きくなります。

写真をクリックすると拡大します( ↑ 知ってるって!(笑))

プロフィール

ななつぼし☆

Author:ななつぼし☆

いつの日も どんな時でも みんな仲良く こころの旅を続けていけるような 人生の旅人でありたい と おいらは思うのよん

棲家は高槻です

マイプロフィール

呑みすぎるとこうなるん
呑みすぎるとこうなるん
ビール笑

Amore、Cantare、Mangiare !(アモーレ・カンターレ・マンジャーレ!)いい恋をして 楽しく歌って 美味しいものを食べりゃ~ 人生言うことなし!明るく陽気にいきましょう!!

人生に どう感動しようかと 楽しんでいる最中です。。。

ブログ内検索

Baden谷九

同窓会レポ

トリップアドバイザー

トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。

カレンダー(月別)

01 ≪│2021/02│≫ 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

Present time

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事+コメント

Notice!

お店の味に関する感想は、あくまでも個人的な嗜好によるものです。
ご理解いただきますよう、お願い申し上げます。

※お店の情報につきましては、変更(料理・値段・お店の有無)されている場合がありますので、お出かけの際は事前にご確認くださいませ。

月別アーカイブ

リンク

Lc.ツリーリンク

最近のトラックバック

今日はどんな日?

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

QRコード

QR

ケイタイからもどうぞ!

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログ

http://blog.fc2.com/

C-PREVIEW

RSSリンクの表示

四季の花時計

 

     
  ♪ななつぼし☆World~楽しく、いっぱい遊びまひょ!♪
趣味の◆お笑い◆落語会◆アート◆Zゲージ◆グルメ・飲み歩き~散策(高槻・茨木など)◆料理◆街ゆけば(北摂・大阪・京都など)◆人間ウォッチング◆音楽◆オーディオ◆ファッション◆などを明るく、楽しく、おしゃべりするサイトざんす!!・・・まぁ 自分史です。。。
 
     


第3話~リゾート気分に夢うつつ・・・  【2007/12/31】 Zゲージ(メルクリン) わたしの履歴書
そこでレイルプランなどのハード面はCADに(当時はDOS/Vでした)お手伝い願う案を思いついたのです。・・ホッ・・

前回のN製作ではレイルプランもイメージプランもほぼないに等しく、100m走の「バァン!」を聞くやいなや全速力で疾走。ゴールしたとたん止まることが出来ず壁にぶつかり大クラッシュをしました。ケガの功名でしょうか、諸先輩方の“レイアウト製作記”を読んでいるうちに、イメージプランも少しは考えてみよう?・・と思ったのです。

スイス、ドイツ風レイアウト Start ! と題したもののスイスへもドイツへも一度として行ったことがないわたし(残念ながら継続中です)にとって、雰囲気の把握は、旅の本と写真集をじっくり眺めながらその場に行った気分を味わうことにしました。



どちらの国にしましても見渡す限りまばゆいばかりの平原、山々のなんと美しいことでしょう。
また、スイス特有のまばらに生えた針葉樹の間に広がる大草原から、アルプス連邦を縫って走るカラフルなパノラマ列車の光景はそのまま額縁の絵になる美しさです。アルプスの山々をバックに夏の新緑を走って行く赤い車両はとくにお似合いです。
ロマンティックなライン河ありウリ湖あり。湖畔に影を残しながら疾走するその勇姿も魅了的で。

中世ヨーロッパの古都にはメルヘンティックな街並み、古城(白鳥城のノイシュヴァンシュタイン城は有名)や教会、ホテル兼レストランなどがあり、そこに柔らかな日差しを浴びて、目を細め佇むわたしを想像してしまいました。(ちょっとカッコよすぎますね)
そして忘れてはならないのが高架橋、石積アーチ橋(ラントヴァッサー橋梁など)の雄大さ。スケールには圧倒されます。

わたしのイメージは・・・・・

ドイツのマインツ(Mainz)からスイスの国境都市バーゼル(Basel)を抜けてモントルー(Montreux)へ。

マインツを出発した列車はライン河にぴったり沿って走り、美しい古都を見ながらロマンティック街道を抜け、ローレライのトンネルへ。
トンネルを抜け出すとそこはもうスイスのバーゼルです。やがてそびえ立つアルプスの山々、碧の渓流に出くわしその中を右に左にカーブしながら岩山を貫くトンネルをくぐると、三方を険しい山々に囲まれた深い峡谷にかかる石積アーチ橋にかかり、この橋梁を渡れば花いっぱいのシャレー(chalet/ロッジ風家屋)がある大草原が現れます。緑の牧場で牛や羊ののどかに遊んでいる風情を横目に、列車は次のトンネルを抜けて分水嶺を越えます。しばらく走ると、眼下にレマン湖が見えてきました。もう間もなくでジャズ・フェスティバルで有名なモントルーに!

今宵のホテルでビル・エヴァンスを聴きながら、リゾート気分に夢うつつ・・・ええ、ワイン片手に!

こんな夢、思い描いているだけで楽しかったですね。
もちろん、似ても似つかないシ-ナリーとなりましたが(笑)
関連記事
スポンサーサイト





| TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

テーマ:Zゲージ - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://7boshi.blog83.fc2.com/tb.php/398-7e337b28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)