FC2ブログ
♪ななつぼし☆World~楽しく、いっぱい遊びまひょ!♪ 
 created by ななつぼし☆

インフォメーション①

ご訪問ありがとうございます
ごゆっくり楽しんでください♪難しい話は嫌いです(笑)


最近、悪質なTB&コメントが増えてきましたので、承認制にさせていただきます。また、要旨に合わない内容についてはこちらで削除する場合があります。
悪しからず。。。

インフォメーション②

CTRLキーを押しながら、マウスのホイールを回す(後or前)と文字や表示が大きくなります。

写真をクリックすると拡大します( ↑ 知ってるって!(笑))

プロフィール

ななつぼし☆

Author:ななつぼし☆

いつの日も どんな時でも みんな仲良く こころの旅を続けていけるような 人生の旅人でありたい と おいらは思うのよん

棲家は高槻です

マイプロフィール

呑みすぎるとこうなるん
呑みすぎるとこうなるん
ビール笑

Amore、Cantare、Mangiare !(アモーレ・カンターレ・マンジャーレ!)いい恋をして 楽しく歌って 美味しいものを食べりゃ~ 人生言うことなし!明るく陽気にいきましょう!!

人生に どう感動しようかと 楽しんでいる最中です。。。

ブログ内検索

Baden谷九

同窓会レポ

トリップアドバイザー

トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。

カレンダー(月別)

01 ≪│2021/02│≫ 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

Present time

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事+コメント

Notice!

お店の味に関する感想は、あくまでも個人的な嗜好によるものです。
ご理解いただきますよう、お願い申し上げます。

※お店の情報につきましては、変更(料理・値段・お店の有無)されている場合がありますので、お出かけの際は事前にご確認くださいませ。

月別アーカイブ

リンク

Lc.ツリーリンク

最近のトラックバック

今日はどんな日?

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

QRコード

QR

ケイタイからもどうぞ!

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログ

http://blog.fc2.com/

C-PREVIEW

RSSリンクの表示

四季の花時計

 

     
  ♪ななつぼし☆World~楽しく、いっぱい遊びまひょ!♪
趣味の◆お笑い◆落語会◆アート◆Zゲージ◆グルメ・飲み歩き~散策(高槻・茨木など)◆料理◆街ゆけば(北摂・大阪・京都など)◆人間ウォッチング◆音楽◆オーディオ◆ファッション◆などを明るく、楽しく、おしゃべりするサイトざんす!!・・・まぁ 自分史です。。。
 
     


第5話~辞書とにらめっこ  【2007/12/31】 Zゲージ(メルクリン) わたしの履歴書
電気関係も得手でないので、メルクリンからでているトラックプラン(0294/0296)を買いました。
ドイツ語を英訳している文面が付いていて、辞書片手に・・・フムフム(・・;)。一、二回、目を通しただけではチンプンカンプン(笑)。

少し時間をかけて各電気操作アクセサリを分析することに。
しかし文面の説明と参考図もわかりづらくて、いえ失敬、わたしがわかっていないんです。・・・どうやら電流の流れがNのポイント切替えによる選択式ではなくて、ポイントの切替えに関係なく常時通電している。初めて知りました。ということは駅構内の待避線で、片側一方のレールにギャップを両サイドきる必要があり、その片側に接続スイッチを設置すれば良いわけですね。辞書を引き々読み続けると・・・電動ポイントと腕木信号機が連動できそうなので採用することにしました。

単線ですので駅構内にしかポイントはなく、引込み線も含めすべての待避区間を設けるには、プランの真ん中3本にポイント・シグナル連動、一番上はポイント・シグナルをそれぞれ独立で可動させ、一番下の左右の引込み線は接続スイッチでOK。これで大丈夫ですね。

また3ヶ所に開放レールを設置。これを使えば機関車と客車を自動で切り離すことができると思うだけで、もうウキウキです!

架線集電にも挑戦です。フィーダーを独立するだけと簡単に考えていたのですが、解説によると架線集電の場合、レールの片側からと架線からの集電になるため車両裏側の矢印(⇒)を進行方向に決めて、レールからの集電と極性を合わせなければなりません。
さもなければウンともスンともいいません(笑)。架線張りは駅構内の待避線と引込み線にまで及ぶと、近代化するので一部に限定しました。

ここまではパワーパックをはじめメルクリン純正品を使用しています。

あと夜景を楽しみたくて、ストラクチャーは内側より遮光し照明ユニットを組込み、街路灯と併せてパワーパックの直流で調光しています。使用する電球の数で消費電流が決まるので気をつけましょう!今はメンテナンスフリーのLEDが主流なのでしょうか?

あ!そういえば・・・もし、どこかの建屋が停電になっても救出する入口がありません。これは復旧作業に難航・・・・ゥム~国際救助隊のサンダーバードを呼ぶしか・・・
プラットフォーム灯は当時お似合いのものを探せなくて・・・電池での調光とスケールオーバーに(苦笑)

写真のように調整用レールは一ヶ所だけで、ほかすべてメルクリンの規格レールを使用しています。

ベースの裏側はこんな感じ。木がいっぱい見えていて、配線はスカスカ(笑)

関連記事
スポンサーサイト





| TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

テーマ:Zゲージ - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://7boshi.blog83.fc2.com/tb.php/400-4a51c516
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)