FC2ブログ
♪ななつぼし☆World~楽しく、いっぱい遊びまひょ!♪ 
 created by ななつぼし☆

インフォメーション①

ご訪問ありがとうございます
ごゆっくり楽しんでください♪難しい話は嫌いです(笑)


最近、悪質なTB&コメントが増えてきましたので、承認制にさせていただきます。また、要旨に合わない内容についてはこちらで削除する場合があります。
悪しからず。。。

インフォメーション②

CTRLキーを押しながら、マウスのホイールを回す(後or前)と文字や表示が大きくなります。

写真をクリックすると拡大します( ↑ 知ってるって!(笑))

プロフィール

ななつぼし☆

Author:ななつぼし☆

いつの日も どんな時でも みんな仲良く こころの旅を続けていけるような 人生の旅人でありたい と おいらは思うのよん

棲家は高槻です

マイプロフィール

呑みすぎるとこうなるん
呑みすぎるとこうなるん
ビール笑

Amore、Cantare、Mangiare !(アモーレ・カンターレ・マンジャーレ!)いい恋をして 楽しく歌って 美味しいものを食べりゃ~ 人生言うことなし!明るく陽気にいきましょう!!

人生に どう感動しようかと 楽しんでいる最中です。。。

ブログ内検索

Baden谷九

同窓会レポ

トリップアドバイザー

トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。

カレンダー(月別)

01 ≪│2021/02│≫ 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

Present time

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事+コメント

Notice!

お店の味に関する感想は、あくまでも個人的な嗜好によるものです。
ご理解いただきますよう、お願い申し上げます。

※お店の情報につきましては、変更(料理・値段・お店の有無)されている場合がありますので、お出かけの際は事前にご確認くださいませ。

月別アーカイブ

リンク

Lc.ツリーリンク

最近のトラックバック

今日はどんな日?

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

QRコード

QR

ケイタイからもどうぞ!

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログ

http://blog.fc2.com/

C-PREVIEW

RSSリンクの表示

四季の花時計

 

     
  ♪ななつぼし☆World~楽しく、いっぱい遊びまひょ!♪
趣味の◆お笑い◆落語会◆アート◆Zゲージ◆グルメ・飲み歩き~散策(高槻・茨木など)◆料理◆街ゆけば(北摂・大阪・京都など)◆人間ウォッチング◆音楽◆オーディオ◆ファッション◆などを明るく、楽しく、おしゃべりするサイトざんす!!・・・まぁ 自分史です。。。
 
     


第29話~銀座 ショールーム  【2007/12/31】 Zゲージ(メルクリン) わたしの履歴書


7月14日(木)曇り、東京出張のスケジュールの合間(ほんまかいな・・・)に、銀座“ショールーム”さんを覗くことにしました。
おぼろげに覚えた地図を頼りに、銀座界隈をウロウロして目的の場所へ!とはスンナリ行かず、『♪迷子の迷子の子猫ちゃん・・・カラス~に聞いても わからない スズメ~に聞いても わからない』ので最寄のお店に飛び込んで尋ねることに。
まず初めは陶器のお店で「すいません、ちょっとお尋ねしたいのですが、銀座1丁目にある銀座ショールームをご存知ないでしょうか?」、「ここは2丁目ですから・・・銀座にはショールームがたくさんありますよ?」とけげんな顔をされる始末。取り敢えず1丁目へ。
次はタバコ店で「・・・輸入雑貨を扱っていて・・・」と尋ねますと「1丁目の何番地ですか?・・銀座にはショールームがたくさんありますよ?」と同じ返答です。1丁目1?番地しか記憶がなく、はてさて?・・性懲りもなく今度は喫茶店のおばちゃんが「銀座にはショールームがたくさんあるんだから・・・ビルの名前はわかるの?」、「・・・輸入雑貨を扱っていて・・北欧ビル?」、「それを早くおっしゃいなさいな!そのビルよ!」と叱られてしまいました(笑)。何とわたしの目と鼻の先にあるじゃないですか!!
初めて立ち寄るのに、出た所勝負がまずかった(笑)。住所もビルの名前もそして電話番号も事前にわかることですから。

う~~ん、この銀座“ショールーム”と名づけられた店名は、入る前から謎めいていてベールに包まれた何かがあるとワクワクしてきました。

では、入って見ましょう。間口は2けん程でしょうか?輸入雑貨を扱っていますね。その入口左側の階段を不規則な登り方で2~4階の輸入雑貨や輸入工芸品、絵画展を横目に5階まで一気に駆け上がりますとそこがメルクリンを扱う銀座“ショールーム”です。中に入りますとお客さんが一人、女性の店員さんと親しげにHOの話をされています。常連さんですね。その間、店内の観察です。おぉ~、結構Zの品揃えが豊富な上、車両に関する本やDVDもたくさんありますねぇ。まずはショーケースの中に目を凝らして、お目当ての物がないか物色です。おやおや、普通に見るだけではすべての車両の姿が判り辛いうえ壁にまで車両が飾られていますので、いろいろと角度を変えて覗く必要があり、また箱のまま無造作に置かれている物もあります。ショーケースから目を離し周りを見渡すと、無造作に積まれた箱が辺り一面同様に散見されます。確かに普通のお店とは異なります。これは楽しみになってきました。

ちょうどその時、お客さんが帰られたので、声をかけられるのか様子見していると「いらっしゃいませ」のひと言。そのあとは沈黙。なるほど商品を強引に勧めたりはしない、何とも余裕の佇まいではないですか。それに女性の店員さんがドイツの鉄道模型を販売する?・・・興味津々だし、ピーンと来るものを感じていました。



何気なくZの話題を持ち出し、お目当ての物がなかったので暫くのあいだ雑談に言葉を交わしていますと、ショーケースから中味が確認できなかった車両が目の前に登場して、ロコと客車があれよあれよと編成が組まれて行きます。どうでしょう、会話の関連から引っ張り出されたのです。その関連とはルートヴィッヒⅡ世のロイヤルブルーお召し列車が発端で、「ブルーの客車の中間に、王さまが乗るこの車両を入れて、ブルーの客車のそれぞれには召使いの女性、召使いの男性を乗せればいいですね。本当にあったそうで、ドイツに行った時にそう説明されましたよ」って。もうわたしは、ワァオォ!!ヽ(*'0'*)ツの即買いです(笑)。ほかにも「コレクターなんですか?」、「ドイツに行って本物を見てしまうと、これがまた集めたくなっちゃうんですから」、「この色を組み合わせたら綺麗かな?」、「V200(詳細な記述と実車が写っている本の話で)も本国では人気者で、とってもかわいいですね(酋長の娘の話も、つい、しちゃいました)」、「鉄道オタクのがんこおやじさんが店員じゃなくて、何の変哲もないのがいいと思うんです」などなど。

いやはや、何々型機関車であれ、何々品番であれ良くご存知であっぱれですし、プラス、女性の感性からくる自由なコーディネイトやさり気ないお話にひたすら感激してしまい、調子に乗ってわたしもペラペラと「~色の古典貨車は欲しいですね」、ゴソゴソしながら「これは如何ですか?」、買うわたし(笑)。また「この色じゃなくって、何々色のショート客車はいいですね」とわたし。すると「あっ!確かひと組だけあったような・・・」と今度はショーケースの下の低いキャビネットに頭を突っ込み、腰の後ろに巻いたウエストポーチがピヨコッと上を向き、ひとり言をボソボソと、手の方はゴソゴソと・・・「やっぱり、ありましたよ!これでしょ!」、「ウォッ!なんでケースに飾らないんですか、売れたのに?」、「そう思ってたんですが、忘れていて・・・そんなのがいっぱいあるんです、ダメですねぇ私って」またもや買いのわたし、はめられたか!!(笑)


「赤色の古典貨車は欲しいですね」、出てきたのがこれ、Caillers(スイス)のチョコレート広告貨車でグラデーションも綺麗です。

どこから何が出てくるのかわからない、トリックいっぱいのこれが本当の“ショールーム”(笑)、まるでマジシャンのようで楽しかったですね。
このお店が宣伝しない理由をお聞きしました。「お客様と会話を楽しんで、好きなものを買って下さり、十分なサービスと長いお付き合いが出来れば素敵だなって。だからいっぱいお話したいですね」。何故メルクリンを取り扱うことになったのか?などは、お話するといいですね。

最後に、値段の件をお聞きしますと「価格札に黒で金額表示していますのは割引できますが、赤で表示していますのは限定品なので小売価格になります。でも私も人間ですので・・・」と意味深ながら良心的に設定されています。

Zの話題と“マジックショー”に花が咲き、時間の経つのも忘れてしまいました。気が付けば3時間半も居て。とても楽しかったのでお名前もお伺いしました。キュートでお顔も可愛い、お話も楽しく甲斐甲斐しい素敵なマジシャン(笑)、田〇おねぇさまです。先日はどうもありがとうございました。掘り出し物がいっぱい有りそうなので機会ができましたら、また寄ります!!

銀座「ショールーム」:東京都中央区銀座1-15-13 北欧ビル5F
 (オープン時間:11:00~19:00/定休日:月・平日の火曜日)
 ※「Z動力車のメンテナンスからモーター交換まで承りますよ。特に5極はメンテナンスが大切ですね」とお詳しいです。


“ショールーム”の田〇おねぇさまが「こんなのを近く販売しようと思うんですよ」と奥からコソコソ取り出してきた袋の中味は貨車の積載物シリーズで、32種類?ほどありました。お願いして(まだ価格設定されていないのに)その中のひとつ、木樽を譲っていただくことに。「どんな感じになるか、メールで見せてくださいね!」と。お礼に今からメールしましょ!
関連記事
スポンサーサイト





| TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

テーマ:Zゲージ - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://7boshi.blog83.fc2.com/tb.php/424-de3aec95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)