FC2ブログ
♪ななつぼし☆World~楽しく、いっぱい遊びまひょ!♪ 
 created by ななつぼし☆

インフォメーション①

ご訪問ありがとうございます
ごゆっくり楽しんでください♪難しい話は嫌いです(笑)


最近、悪質なTB&コメントが増えてきましたので、承認制にさせていただきます。また、要旨に合わない内容についてはこちらで削除する場合があります。
悪しからず。。。

インフォメーション②

CTRLキーを押しながら、マウスのホイールを回す(後or前)と文字や表示が大きくなります。

写真をクリックすると拡大します( ↑ 知ってるって!(笑))

プロフィール

ななつぼし☆

Author:ななつぼし☆

いつの日も どんな時でも みんな仲良く こころの旅を続けていけるような 人生の旅人でありたい と おいらは思うのよん

棲家は高槻です

マイプロフィール

呑みすぎるとこうなるん
呑みすぎるとこうなるん
ビール笑

Amore、Cantare、Mangiare !(アモーレ・カンターレ・マンジャーレ!)いい恋をして 楽しく歌って 美味しいものを食べりゃ~ 人生言うことなし!明るく陽気にいきましょう!!

人生に どう感動しようかと 楽しんでいる最中です。。。

ブログ内検索

Baden谷九

同窓会レポ

トリップアドバイザー

トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。

カレンダー(月別)

01 ≪│2021/02│≫ 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

Present time

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事+コメント

Notice!

お店の味に関する感想は、あくまでも個人的な嗜好によるものです。
ご理解いただきますよう、お願い申し上げます。

※お店の情報につきましては、変更(料理・値段・お店の有無)されている場合がありますので、お出かけの際は事前にご確認くださいませ。

月別アーカイブ

リンク

Lc.ツリーリンク

最近のトラックバック

今日はどんな日?

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

QRコード

QR

ケイタイからもどうぞ!

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログ

http://blog.fc2.com/

C-PREVIEW

RSSリンクの表示

四季の花時計

 

     
  ♪ななつぼし☆World~楽しく、いっぱい遊びまひょ!♪
趣味の◆お笑い◆落語会◆アート◆Zゲージ◆グルメ・飲み歩き~散策(高槻・茨木など)◆料理◆街ゆけば(北摂・大阪・京都など)◆人間ウォッチング◆音楽◆オーディオ◆ファッション◆などを明るく、楽しく、おしゃべりするサイトざんす!!・・・まぁ 自分史です。。。
 
     


『サードラブ』とは・・・  【2008/09/14】 アート・イベント 芝居・映画ほか

Yahoo!サービスのセカンドライフの中に、サンプラザ中野著の『サードラブ』という特集を見つけ、気になったので手に取ることにした。

『ファーストラブ』を初恋、思春期の恋。
『セカンドラブ』を適齢期の恋。結婚に至るような恋愛。
そして「『サードラブ』を30~40代以降、人生を知った大人が新たに始める恋と位置づけている。3回めの恋ではない。

結婚していても、していなくても。夫と、妻と、それとも他の人と…

「ここに3枚の写真がある。どれにも幸せな私が写っている。左の1枚は高校の同級生と屋上で撮った初恋の写真。真ん中の1枚は妻と婚前旅行を楽しんだインドネシアのビーチで撮った写真。そして最後の1枚は・・・・・」

要約すると、こんなプロローグから始まる。

読み進めるうちに、大人も明るい恋をしたいと思いきや、思わぬ展開になっていく。

妻との関係も冷え切り、不倫に溺れる日々。ある夜、妻の態度の一変に驚く。

妻の変貌が信じられない真一は、永年の親友で、探偵という裏の顔を持つ黒田に相談を持ちかけるのだが・・・

ここで親の大きな愛情から、障害を持つ子どもの性の問題となり、夫に決して語りえない秘密を持つ妻・有希子の愛憎模様へ移っていく。

ストーリーとしては、何かこじつけがましいところがある。どちらも悪いと思うが妻、有希子が何故そのような職に迷い込み、あのような行為に及んでしまったのか?分からない。

夫婦再生のハッピーエンドに見えそうだけど、わたしに置き換えるとこれからの人生をともに生きていくことは出来ないラストであった。。。

『サードラブ』という定義として大人が新たに始める恋とあるが、内容はきつい・・・

あとがきに、クラシカルホメオパシー(西洋の伝統的な代替療法)のレメディ(療剤)“カウスティクム”のパターンに基づいて、有希子の行動を、また“リコポディウム”の傾向で真一を、とある。

ちょっと調べてみよう。。。
関連記事
スポンサーサイト





| TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://7boshi.blog83.fc2.com/tb.php/483-2d5e39ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)