FC2ブログ
♪ななつぼし☆World~楽しく、いっぱい遊びまひょ!♪ 
 created by ななつぼし☆

インフォメーション①

ご訪問ありがとうございます
ごゆっくり楽しんでください♪難しい話は嫌いです(笑)


最近、悪質なTB&コメントが増えてきましたので、承認制にさせていただきます。また、要旨に合わない内容についてはこちらで削除する場合があります。
悪しからず。。。

インフォメーション②

CTRLキーを押しながら、マウスのホイールを回す(後or前)と文字や表示が大きくなります。

写真をクリックすると拡大します( ↑ 知ってるって!(笑))

プロフィール

ななつぼし☆

Author:ななつぼし☆

いつの日も どんな時でも みんな仲良く こころの旅を続けていけるような 人生の旅人でありたい と おいらは思うのよん

棲家は高槻です

マイプロフィール

呑みすぎるとこうなるん
呑みすぎるとこうなるん
ビール笑

Amore、Cantare、Mangiare !(アモーレ・カンターレ・マンジャーレ!)いい恋をして 楽しく歌って 美味しいものを食べりゃ~ 人生言うことなし!明るく陽気にいきましょう!!

人生に どう感動しようかと 楽しんでいる最中です。。。

ブログ内検索

Baden谷九

同窓会レポ

トリップアドバイザー

トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。

カレンダー(月別)

03 ≪│2021/04│≫ 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Present time

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事+コメント

Notice!

お店の味に関する感想は、あくまでも個人的な嗜好によるものです。
ご理解いただきますよう、お願い申し上げます。

※お店の情報につきましては、変更(料理・値段・お店の有無)されている場合がありますので、お出かけの際は事前にご確認くださいませ。

月別アーカイブ

リンク

Lc.ツリーリンク

最近のトラックバック

今日はどんな日?

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

QRコード

QR

ケイタイからもどうぞ!

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログ

http://blog.fc2.com/

C-PREVIEW

RSSリンクの表示

四季の花時計

 

     
  ♪ななつぼし☆World~楽しく、いっぱい遊びまひょ!♪
趣味の◆お笑い◆落語会◆アート◆Zゲージ◆グルメ・飲み歩き~散策(高槻・茨木など)◆料理◆街ゆけば(北摂・大阪・京都など)◆人間ウォッチング◆音楽◆オーディオ◆ファッション◆などを明るく、楽しく、おしゃべりするサイトざんす!!・・・まぁ 自分史です。。。
 
     


第5回北野寄席~立本寺  【2009/04/27】 上方落語会 いろいろ
『第5回北野寄席』

京都市上京区七本松通仁和寺街道上ル一番町107~立本寺
'09 4/26(日)14:00~

二胡の演奏 吉川晋子&「太湖之会」

出演・演目
桂 三段  「お忘れ物承り所」(桂三枝師匠作)
森之 石松 「へっつい幽霊」


落語会の前に、十三人による二胡の演奏がありました。
曲目は「太湖船」「蘇州夜曲」「金蛇狂舞」「賽馬(さいま)」

あの有名な“女子十二楽坊”(メンバーは基本的に十三人:中国で縁起のいい数字が十二なので)に張り合って、見事な演奏!
・・・かどうかは、聴いた人にしか分かりません(笑)
勝るところは、女子十二楽坊より長生きされている、みなさま全員(笑)
これは天地天命に誓って断言いたします m(__)m。

途中、演奏に入ろうとすると本堂の太鼓が「ボ~ン ボ~ン ボ~ン」
それでも「止めてください!」とは言えず続行。太鼓と二胡の競演に、場内は酔いしれました(笑)。みなさんお上手で、笑顔が素敵でしたよ!
ニコニコ(二胡二胡)(^・^)(^・^)やったわ(ベタやなぁ~)


三段さん。新しいメガネチェーンへ行ってたくさんのメガネを試着。
色々試してる内に、自分のメガネがどれだったのか分からなくなる。
捜していると、「これいいね~」って、お客さんが掛けていた。

現実味がないし、「お忘れ物承り所」のマクラにも合わないような、、、
本題に入っても、マクラがウケなかったぶん、うまく話が噛み合わなかったですね。
変な“間”が気になりました。

つづいて、「落語界の太田房江です」で登場したのは石松さん。
昨晩、“くしゃみ講釈”をやろうか、“手水廻し”をやろうか考えていたら“へっつい”にしようと・・・なにかオチがあるのかと?何も無く“へっつい”の説明をして本題「へっつい幽霊」へ。

登場人物の演じ方が、しっくりこなかったなぁ。
熊はんと作ボンを間違って大きな笑いを誘ってはりましたが、それでウケてるようでは・・・・・どうなんでしょうね。

お二人とも若いので、しくじりを糧に、ますますご精進なさってくださいな。

それにしても寒かったわ~。もう一席あったら風邪引いて......「へっ くしゅん!(>_<)」


チラシをいただきましたが、そこに『お客さんが今座っていやはる辺りは・・・』とある。
『上方落語 発祥の地やったんどす』

へ?米澤彦八が、大阪で芝居のものまねや軽口咄をやったんとちゃうん?

ここ北野で、露の五郎兵衛が「浮世落噺」という上方落語(京都落語)を初めてやったんでっか?両方の説があるんや、知らなんだわ~
関連記事
スポンサーサイト





| TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

テーマ:落語 - ジャンル:お笑い

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://7boshi.blog83.fc2.com/tb.php/672-c712ab32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)