FC2ブログ
♪ななつぼし☆World~楽しく、いっぱい遊びまひょ!♪ 
 created by ななつぼし☆

インフォメーション①

ご訪問ありがとうございます
ごゆっくり楽しんでください♪難しい話は嫌いです(笑)


最近、悪質なTB&コメントが増えてきましたので、承認制にさせていただきます。また、要旨に合わない内容についてはこちらで削除する場合があります。
悪しからず。。。

インフォメーション②

CTRLキーを押しながら、マウスのホイールを回す(後or前)と文字や表示が大きくなります。

写真をクリックすると拡大します( ↑ 知ってるって!(笑))

プロフィール

ななつぼし☆

Author:ななつぼし☆

いつの日も どんな時でも みんな仲良く こころの旅を続けていけるような 人生の旅人でありたい と おいらは思うのよん

棲家は高槻です

マイプロフィール

呑みすぎるとこうなるん
呑みすぎるとこうなるん
ビール笑

Amore、Cantare、Mangiare !(アモーレ・カンターレ・マンジャーレ!)いい恋をして 楽しく歌って 美味しいものを食べりゃ~ 人生言うことなし!明るく陽気にいきましょう!!

人生に どう感動しようかと 楽しんでいる最中です。。。

ブログ内検索

Baden谷九

同窓会レポ

トリップアドバイザー

トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。

カレンダー(月別)

08 ≪│2020/09│≫ 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Present time

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事+コメント

Notice!

お店の味に関する感想は、あくまでも個人的な嗜好によるものです。
ご理解いただきますよう、お願い申し上げます。

※お店の情報につきましては、変更(料理・値段・お店の有無)されている場合がありますので、お出かけの際は事前にご確認くださいませ。

月別アーカイブ

リンク

Lc.ツリーリンク

最近のトラックバック

今日はどんな日?

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

QRコード

QR

ケイタイからもどうぞ!

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログ

http://blog.fc2.com/

C-PREVIEW

RSSリンクの表示

四季の花時計

 

     
  ♪ななつぼし☆World~楽しく、いっぱい遊びまひょ!♪
趣味の◆お笑い◆落語会◆アート◆Zゲージ◆グルメ・飲み歩き~散策(高槻・茨木など)◆料理◆街ゆけば(北摂・大阪・京都など)◆人間ウォッチング◆音楽◆オーディオ◆ファッション◆などを明るく、楽しく、おしゃべりするサイトざんす!!・・・まぁ 自分史です。。。
 
     


~ねねの道~石塀小路 ②  【2009/10/29】 街ゆけば 京都
清水~三年坂(産寧坂)~二年坂(二寧坂)~一年坂(一念坂) ①からのつづきです。

維新の道を歩き、坂本竜馬・中岡慎太郎の墓のある霊山観音や霊山護国神社へ行く予定でしたが、出発が遅くなり時間がありませんので、今回はパスです。


そして、ねねの道に出てきました。これまでの坂とは打って変わって平坦な石畳の道。
正式名称は高台寺道。
そこから、高台寺と圓徳院が秀吉の正妻北政所“ねね”ゆかりの寺から、ねねの道と呼ばれたんですね。

人気のある道ですので、人力車がたくさん行き交ってます。

「むかしに戻って、お二人で乗ってみませんか?」

???・・・・・どういう意味?! いえいえ(笑)



その、ねねの道を少し歩いていくと、西へ入る路地があります。
そこが石塀小路ですね。でも名前の由来のように石塀ばかりではないかな。
小路の石畳は、京都市電の軌道に敷設されていた石が使われているようです。
小料理屋や旅館が建ち並び、人が少ないのと相まってなんとも情緒深い。

しかし、この路地は人通りが少ないなぁ~
ねねの道から入るのに見過ごしちゃうかもしんない。それくらい分かりづらいのよ。


現代の大通り(歴史的地図跡があれば、別ですが)では、この小路のように建物を間近で見られませんよね。それを過去の歴史として残しているのが古都の魅力だと。。。
想いませんか。。。


でもね、あのね、ぜひ迷い込んでくださいな。
そこには大正ロマンの香り&歴史の重みを感じる風情がしっかり残っていますよ!


そこから鴨川に出ると、鴨川フェスタなる祭りをやっていました。
川向こうでは舞妓さんによる舞の披露が・・・ええなー、京都って。

そろそろ食事の時間なのでねねの道へ戻ると、結婚式を終えた二人が人力車に!

「私、カメラを向けられるとゆっくりになるんです」
とは、俥夫(しゃふ:車を引っぱる人)さん。
サービス、ありがとうございますm(__)m。

さて、お食事する場所へ到着すると、軒先に瓦人形の鍾馗(しょうき)さんが。
ここから見下ろして、邪気が寄ってこないように睨みを利かせる魔除けのお守りですね。

では、京懐石をいただきに高台寺『花咲 萬治郎』へ行きますか。
関連記事
スポンサーサイト





| TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://7boshi.blog83.fc2.com/tb.php/891-a27cf3e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)